家族葬という新しい葬儀スタイルが注目されている

subpage1

葬儀場の中でも、最近は規模の小さな一般的な民家のような建物を利用した施設が増えてきています。家族葬という新しい葬儀の形を求める方の需要に対応している斎場で、従来の葬儀という価値観を好まない人や、個性的で自分らしい葬儀をしてもらいたいという人に特に注目されています。



多数の参列者を収容する大ホール、豪華で荘厳な雰囲気の祭壇など、お葬式と言えばそのようなイメージを持つ人も多く、それが一般的な形式としてあまり疑問にも思われていませんでした。しかし、実際に葬儀を出すと多額の費用が残された家族の負担になったり、あまりにも大勢の参列者のために対応に追われて、思うように故人との別れの時をじっくりと過ごすことができなかったという話も聞かれます。

待望の@niftyニュース情報をご紹介いたします。

そのような従来の形式では自分らしい別れができないという思いから、家族葬を選択するという人がたいへん増えてきているのです。


少人数で小さな会場の中で執り行う家族葬は、従来の形式の葬儀と比較するとコストも大幅に圧縮でき、参列者の目を気にする必要がない分自由な形式での演出も可能です。

BGMに好きだった曲を流すこと、菊の花ではなくもっと華やかで鮮やかな花を敷き詰めること、シンプルでモダン家具のような雰囲気の祭壇とすることなど、このように見送って欲しいという自分の希望をあらかじめ家族に伝えておくということもできるようになっています。


家族葬は最期の別れの時を自分らしく演出することも可能ですので、生前からプランニングを行うというケースも珍しくありません。



ぜひご検討をなさってみてください。

儀式の話

subpage2

自分の葬儀のことについて考えたことはあるでしょうか。最近は、葬儀の会場選定や個性的な演出など、自分の最期をこのように見送って欲しいという考えのもと、自由な形の葬儀をセルフプロデュースすることが注目されています。...

next

儀式の補足説明

subpage3

最近よく聞く「家族葬」とは身内や親族だけの内輪で行う葬儀です。新しい言葉ですが密葬の形式が一番近くなります。...

next

1から学ぶ儀式

subpage4

家族葬とは、遺族や親族などの身内や、ごく親しい友人や知人などに参列者を絞って行う、比較的小規模な葬儀スタイルのことを指します。近年では、ライフスタイルや葬儀に対する価値観の変化などにより、都市部を中心として主流になっているスタイルであるとも言われています。...

next

よく解る情報

subpage5

お葬式に関する価値観は、近年の情勢によって大きな変化が見られます。従来の形式にとらわれず、自分が生前からプランを考案して、お葬式という場をプロデュースする「終活」という言葉も聞かれるようになっています。...

next